占いの説明(横浜)

スピリチュアルカウンセラー 横浜

 

ようこそ横浜・占い・占い屋ドラゴンホームページへ

 

お越しいただき

 

ありがとうございます。

 

初めまして

 

横浜・占い屋ドラゴン

 

代表兼占い師です。

 

横浜市に引っ越してきて、

 

12年位経ちます。

 

昼間は印刷や印鑑の

 

仕事をしなが

 

予約制の占いも

 

承っております。

 

なぜ兼業しているのか・・・・・と

 

訊かれる事が多いので、

 

ここまでの経緯を紹介

 

いたします。

 

幼い頃から、

 

霊感らしきものは

 

ありました。

 

しかしそれが当たり前に、

 

特別なこととは

 

認識していませんでした。

 

そして成長するにつれ霊感も

 

薄れつつあり、

 

またそのほうが自分も

 

生きやすかったので

 

しょう。いつしか

 

霊の存在など

 

信じなくなっていました。

 

定時制高校を卒業して

 

写植オペレーターとして

 

修行をし、鶴巻温泉という

 

駅の近くで独立して

 

印刷屋の店を開きました。

 

商店会の会長もしたり、

 

お祭りに参加したり

 

と楽しく過ごして

 

いましたが、

 

田舎でしたので

 

お客様も少なく、

 

商売もぎりぎりでした。

 

自分でいうのもなんですか

 

真面目にコツコツ

 

仕事はしていましたが

 

なにか運がなくなかなか

 

芽が出ない

 

状態でお店を閉めてから

 

夜バイトもしていました。

 

そんな中、ある日

 

母が余命宣告で

 

あと一ケ月といわれました。

 

前日までは、朝まで

 

遊んでいた

 

母親でしたので

 

信じられませんしたが、

 

友達の助けもあり、

 

半年後みんなに

 

看取られながら、

 

優しい顔をして旅立ちました。

 

しかしそこからが、

 

不思議な体験の

 

はじまりでしたある日、

 

家にいると、足音がして、

 

襖をあけると誰もいません。

 

すると見たこともない女性が

 

家の中をあるいていました。

 

白い服をきていました。

 

疲れておかしく

 

なったのだ・・

 

落ち着け落ち着けと自分に

 

言い聞かせていたところ、

 

ちょうど霊感のある

 

お友達から

 

電話が入り、今家に

 

なにかいないと訊かれ、

 

早く家からでたほうがいいと

 

強く言われました。

 

そこで我に返り、そのまま

 

逃げるように

 

弟の家に転がり込みました。

 

そこから、家には

 

もどれずにいると、

 

知り合いの占い師の方から、

 

いま家を引越ししないと、

 

大変なことになるといわれて

 

引越しをきめました。

 

そこまでは霊の存在などは

 

信じていなかったのに、

 

信ぜずには

 

いられない状況でした。

 

鶴巻のお店も場所が

 

自分にはよく

 

ないといわれ 

 

どうせだめなら、

 

違うところで

 

勝負しようと思い、

 

まずは方位がよい

 

小田原に引っ越し

 

してから横浜のお店を

 

見付けて

 

こちらに住み始めました

 

自分でもみえたものの

 

意味などが

 

わからなかったので少しずつ

 

勉強し、自分なりに解釈を

 

つけながら霊感を

 

コントロールする術を

 

身に着けました

 

そして知り合いの

 

占い師の方からの

 

勧めもあり、占い鑑定を

 

始めました。

 

自分の頑張ってるけど

 

なかなかうまくいかなかった

 

経験を踏まえ

 

同じように悩んでいる人の

 

手助けができたらと思い

 

横浜から全国の方の悩みを

 

占い・スピリチュアル鑑定で

 

少しでも笑顔になれる鑑定を

 

これからも精進して

 

いきます。

 

 

横浜・占いのご予約電話 090-9347-0420 まで